香西地区コミュニティの日々活動を写真や動画でご紹介
香西地区の伝統ある建物や場所、行事活動をしている団体をご紹介
香西地区の歴史や昔話の紹介とふるさとカルタやその中に出てくる人名、地名を紹介。

団体詳細「香西体育協会」

団体名 香西体育協会
代表者氏名 大橋 光政
設立年 1952年
会員数 香西地区に在住する高松市民(世帯主が代表)
団体紹介

 大正初期から体育に力を入れ、戦前の「体操学校香西」戦後の「香西体育」と言う言葉に代表される「体育の町香西」は全国的に知られていた歴史が香西町には有ります。
高松市に合併する以前の「香川郡香西町」だった昭和27年から秋の小学校の運動会と別に春に大人も参加する運動会が実施される事になり、そのお世話をする団体として「香西体育協会」が設立されました。
現在の香西体育協会は、地区民の健康を目ざし、スポーツを通じて広く地区民相互の親睦と融和を図ることを目的とし、春の市民体育以外にも各種スポーツ大会開催や、高松市地区体育協会連絡協議会主催のスポーツ大会や高松市民スポーツフェスティバル小学校区対抗競技大会、勝賀ブロックスポーツ大会への出場をメインに、大橋会長を筆頭に三役4名、理事8名、各自治会から選出された男女1名ずつの評議員36名と理事で4つの専門部を設け年間を通じて活動しています。

香西体育協会01S香西体育協会02S香西体育協会03S

 

※追記 

香西体育協会の役員名簿には、会長・副会長2名・会計・顧問2名・会計監査2名・理事8名・地区評議員(男女各19名)の他にスポーツ推進委員(男女各1名)が載せられています。
これは「スポーツ基本法」に基づき全国の市町村から委嘱されているものです。
高松市においては、市内54の校区・地区の男女1名ずつが、地区体育協会の会長からの推薦で市長から委嘱されます。任務内容は地区での活動以外に、地区体育協会・高松市主催のスポーツ大会の主管や高松市主催のスポーツイベントの協力等多岐にわたります。
活動内容の詳細は「高松市スポーツ推進委員連絡協議会」の公式サイトでご覧になることが出来ます。


※画像はクリックで拡大します.
行事(活動)名称
1
自治区対抗男女インディアカ大会
2
自治区対抗ソフトボール大会
3
自治区対抗男女バレーボール大会
4
自治区対抗ソフトバレーボール大会
5
親睦ゲートボール大会
6
歩こうふるさとの道
7
市民体育大会
※[行事(活動)名称]をクリックすると該当団体の詳細画面に切り替わります.
←各種団体一覧に戻る