香西地区コミュニティの日々活動を写真や動画でご紹介
香西地区の伝統ある建物や場所、行事活動をしている団体をご紹介
香西地区の歴史や昔話の紹介とふるさとカルタやその中に出てくる人名、地名を紹介。

Weekly香西

子どもの森の荘川桜が開花しました
3月27日夕方と29日日中に撮影した画像です

*荘川桜(しょうかわざくら)は、岐阜県高山市荘川町(旧荘川村)中野の国道156号沿い、御母衣ダム湖岸に移植された樹齢450年と推定される2本のエドヒガンの古木。ごく淡いピンク色の花弁とごつごつした幹が特徴。樹高約20m、幹囲目通り約6m。岐阜県指定天然記念物。 御母衣ダム建設によってダム湖底に沈む運命にあった桜を1960年12月、ダムを建設した電源開発株式会社(Jパワー)の初代総裁高碕達之助の発案で、同社により移植され、保守されている。 移植後、桜のあった旧荘川村に因んで「荘川桜」と名づけられた。
ウィキペディアより転載

電源開発(J-POWER)創立50周年を機として、2002年度以降、荘川桜二世植樹プロジェクトが実施されています
※画像クリックで拡大します.

(27日夕方の撮影)

(27日夕方の撮影)

(27日夕方の撮影)

(27日夕方の撮影)

(29日青空の下で撮影)

(29日青空の下で撮影)

(29日青空の下で撮影)

(29日青空の下で撮影)
Weekly香西「みんなの広場」に戻る